南海レスキュー訓練 – 特定非営利活動法人AMDA

AMDAでは、いつか発災されると言われている南海トラフ地震の発災時対応の訓練を日頃より行なっております。
行政・自衛隊・地域の病院など多くの団体と連携しています。
この日は高知県にあるホウエツ病院に自衛隊のヘリを着陸させ、AMDAの救護班が乗り込み発災時甚大な被害が予想される地域に共に向かうという訓練内容でした。

もちろん発災しないのが一番ですが、日頃の準備が大切だと思っています。
今後も連携して対応を進めてまいります。

関連記事

  1. <テスト投稿>より良いパートナーシップ運動

  2. SDGs出前授業 – 倉敷青年会議所

  3. SETOUCHISM-セトウチイズム-

  4. <テスト投稿>貧困をなくすプロジェクト